2022.08.17

韓国「徴用工問題」で“新たな火種”…! 官民協議会が“即炎上”で、日韓関係の「最悪状態」がまたヤバくなる…!

韓国「徴用工問題」で“新たな火種”が…!

韓国で尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領の支持率が急降下する中、さっそく韓国政府が日韓問題に着手し始めた。

文在寅政権から代わって、今回の韓国の新政権は日韓問題に対して、いろいろと模索しながら慎重に事を進めているように思えたが、ここへきて動きが活発になってきている。

しかし、そこに“反発”するような動きがさっそく明るみに出て、騒然となっている。

日韓に再び「火種」が…! photo/gettyimages
 

韓国政府は、まず7月4日に徴用被害者との官民協議会を発足した。

韓国政府としては文在寅政権下で2018年10月におりた三菱重工業に続いて、2例目の日本製鉄の韓国内資産についても相次いで売却命令が出され、昨年8、9月にも命令が発効し、売却手続きに入る可能性が指摘されてきた。

この問題に関して何とか打開策をということで発足した今回の官民協議会だったが、じつは1ヵ月を過ぎて問題が発生しているのだ。

きっかけは、韓国外交部が大法院(最高裁)に「問題の解決に向けた外交努力を説明する意見書」を提出したことだった。

SPONSORED