2020年、新型コロナウィルス感染拡大による一斉休校期間中、中高生の妊娠相談が増加したこと報じられた。青少年に向けて正しい性の知識に関する普及啓発事業を行っているNPO法人ピルコンによれば、ピルコンが10代から受けた性の相談件数は、2019年9月~2020年2月までの半年間では月平均50件だったのに対し、2020年3月は98件、4月は97件と約2倍に増加していたという。

ピルコン代表・染谷さんの記事はこちら
コロナ下で避妊できず…「10代の妊娠相談」急増が示す根深い問題

若年妊娠では妊娠した本人の「自己責任」とされることが多いが、実は小学校でも中学校でも、保健体育で、性的接触の具体的な内容に触れることはない。つまり日本の学習指導要領では、セックスについての”具体的な勉強”をしないまま、性に興味を持つ年齢になってしまうのだ。

とくに長期の休み明けは、10代からの妊娠相談件数が増えると言われている。夏休み真っ只中の今だからこそ改めて考えたい「中高生に向けての性教育」について、保健室の先生であり、コンドームソムリエという肩書を持つAiさんに寄稿していただいた2020年11月9日掲載の記事を再掲載する。

彼氏に誘われて「することになった」

筆者のAiさんは、保健室の先生として様々な学校に10年勤務するなかで、授業では伝えきれない「性のこと」の多さにもどかしさを感じ、Twitterで「コンドームソムリエ」として活動を始めた。

ある日、AiさんのTwitterに1通のダイレクトメールが届く。

コンドームソムリエAiさんのTwitterより(2020年11月時点のスクリーンショット)
-AD-

差出人は中学2年生の女の子「初めてセックスをすることになったが、どうしたらいいか」というものだった。Aiさんはこのメッセージの重要性を感じ、返信を公開していいか女の子に確認をとりTwitter上でシェアすることに。この返信が大きな反響を呼び、5万件のいいねがつき、3万件近くリツイートされることになった(2020年11月記事掲載時)。

投稿へのコメントには「自分が中学生のときに知りたかったこと」「子どもにどう伝えればいいか悩んでいたことがまとめられていた」というものが多く、大人世代からの「参考になった」という声が相次いだ。

性教育をきちんと受けられなかった世代が、もし子どもに性について問われたらどう答えればいいのか? 中学2年生の女の子への”すごい”回答をもとに、Aiさんにおさえておくべきポイントを教えていただいた。

次ページよりAiさんからの寄稿をお届けします。