20代半ばから30代のころ、契約スタッフとして雑誌「FRaU」のファッション班に在籍していた笹本絵里さん。結婚、出産ののち、夫の地方への転勤を機に離職した。子育てメインの生活中に着物の魅力を知り、その愛は募るばかり。2017年に東京に戻り、フリーライターとして仕事を再開してからは、ライター業にこだわらず、着物に関する分野で活動をしている。

きもの仲間とお食事に。大雨予報のため、洗える絽の江戸小紋に麻の帯で。

浴衣の知識を身につけるための短期集中連載。第1回のテーマは「柄」、第2回は「透ける生地」、第3回は「涼を生むための着こなし」でした。今回は涼を誘う「小物選び」をテーマにお伝えします。

第1回「柄から涼を生む」の記事はこちら
第2回「透けて見せて涼を生む」の記事はこちら
第3回「涼を生むための着こなし」の記事はこちら

涼を誘う浴衣スタイルの小物選び

筆者は着付け講師でも研究家でもありません。大ベテランの書き手の方が多い着物の世界では、足元にも及ばないひよっこライターです。着物愛好家+αの身と自覚して、日々学びながらこの道を歩んでいます。同時に、FRaU在籍時代に、ファッション撮影や取材の現場を経験したからこそ感じる、着物の楽しさ、面白さを等身大で伝えたいと思います。

浴衣を通して「涼を生む」5つのキーワードをお伝えする短期集中連載。第4回目は、小物選びについて。「細く、小さく、透明感」を意識して涼を誘います。

-AD-

ボリュームを控えた小物を選ぶ

今回は帯まわりの小物選びで清涼感のある着こなしをご提案します。全体で見るととても小さな面積ですが、着こなしのセンスを左右する、大切な部分ですよね。筆者も普段のおしゃれ同様に、浴衣を着こなす上でも大切にしています。

帯締めはほっそり、三分か二分紐を

ほっそりスマートな三分紐の帯締めは夏の浴衣スタイルの定番。とくにシルバーの三分紐(※一番下)は、和装スタイルにモダンな雰囲気を加えてくれるので、使用頻度は高めです(※写真上は二分紐、全て筆者私物)。

帯締めは三分紐という、細い帯締めを。ほっそりとした帯締めを選ぶことで、涼やかですっきりした印象になります。
着物の場合、地厚の袋帯や名古屋帯の場合は三分紐や二分紐だと、細いがゆえにしっかり押さえられているか不安になることも。その点、浴衣で半巾帯の場合なら、安心して楽しむこともできます。

暖色系の帯揚げをアクセントに。

また、浴衣を夏着物風に着こなす際は、半衿や帯揚げの面積も控えるとすっきりとした印象に。とくに写真のような暖色系の帯揚げを使った時、その威力を感じていただけるかと思います。秋に同色を使う場合は、もう少しふっくら出すと、実りの季節に相応しい雰囲気に。