2022.08.14

「在日3世」の私が、“8.15の韓国”で目にした「異様な光景」と盛り上がる「市民団体」の“危ない深層”

日本が「終戦の日」を迎える8月15日、韓国では日本統治からの独立を祝う「光復節」を迎える。

この日、韓国では全国から市民団体がソウルに集まり、さながら“総出の発表会”の様相を呈する。「在日3世」として長く日本に住み、その後、いまは韓国に移り住んでいる著者は、そんな韓国の「8.15」への違和感を禁じ得ないという――。

知られざる「8.15」と「市民団体」のリアルを、その最前線からレポートしよう。

大統領演説も行われる photo/gettyimages
 

8月15日、韓国ソウルで「市民団体」が続々発表会…!

韓国の8月15日は、日々何かしらの活動を行う市民団体のお披露目の場、発表会になっている。

毎年この日はソウルの光化門からソウル駅まで、全国から集う市民団体の集会で密集率だけでいえばどのスーパースターのコンサートより人が集まっているといえるほどになるのだ。

ここで気になる市民団体たちは日頃、何をしているのかだろう。韓国には学生団体、反米団体、反日団体、親中団体、親北団体などがたくさんあり、その全貌はとても見えづらい。

そこで左派、右派20団体以上を見てきた筆者が、そんな韓国の団体活動家たちの“深層”について紹介してみようと思う。

SPONSORED