「◯十代 貯蓄 平均」――。誰もが一度や二度、自分の貯蓄額が平均よりも多いのか、少ないのかが気になってこんな検索ワードでインターネット検索をしたことがあるのでは?

実際のところ、20、30、40、50歳代それぞれの平均貯蓄額はいくらぐらいなのでしょうか。また、どうすれば貯蓄を効率よく増やすことができるのでしょうか。今回は、そんな「貯蓄」のあれこれをお伝えします!

◆女性のためのお金の総合クリニック「エフピーウーマン」を設立後、これまで多くの相談者さんと向き合ってこられたファイナンシャルプランナー・大竹のり子さんに、お金のギモンをわかりやすく解説いただく連載「『お金の教養』を磨くためのエッセンス」。お金にまつわる知恵をぜひ手に入れてください。

-AD-

年代別の貯蓄の平均額は?

Photo by iStock

金融広報中央委員会が実施した令和3年度「家計の金融行動に関する世論調査」(総世帯)によると、年代別の平均貯蓄は、20歳代で105万円、30歳代で562万円、40歳代で389万円、50歳代で648万円となっています。全体としては20歳代から30歳代にかけて貯蓄が増加し、40歳代になると一時的に減り、50歳代になるとまた増加するという増減の傾向が見てとれます。

ただし、同じ年代であっても、単身世帯と2人以上の世帯とでは年代ごとの貯蓄額が大きく異なります。

30歳代を例にとって見てみると、単身世帯の場合の平均貯蓄が219万円であるのに対し、2人以上の世帯では852万円と、約3倍になっています。「2人以上世帯ということは、共働き家庭も多いはずだから当然では」と思うかもしれませんが、実は40歳代になると、単身世帯が689万円であるのに対し、2人以上の世帯では260万円と大きく逆転することに。2人以上の世帯=夫婦を中心とするファミリー層だと仮定すると、一般的に30歳代はまとまった出費が必要になるライフイベントが立て続く年代。2人以上の世帯の平均貯蓄が30歳代で大きく落ち込んでいるのは、こうしたライフイベントがいかに大きな支出を伴うかを表しているとも言えますね。