「50歳時の未婚率が話題になっていますが、男性の場合、50代になって突然結婚するケースも増えています。やはり子供が欲しいと思うようです。マッチングアプリの登場で、出会いの機会も増えました。しかし、結婚は家族がからみます。生活が一変するとトラブルが起こりやすく、その調査依頼も増えています」と語るのは、浮気調査に定評がある「リッツ横浜探偵社」の山村佳子さん。

内閣府は2022年版の『少子化社会対策白書』を発表。これは日本の結婚がこの50年間で大きく非婚社会になっていることがわかる。それが如実に出ているのが、50歳時の未婚割合だ。1970年は、男性1.7%、女性3.3%だったが、最新データの2020年を見ると、男性28.3%、女性17.8%まで上がっている。

山村佳子さんのもとに相談に来た専業主婦の里沙さん(40歳・仮名)は、兄(50歳)の妻(38歳)の素行調査を依頼。外資系金融関連会社に勤務する兄は、今年に入ってマッチングアプリで出会った女性と家族に無断で結婚したことを告白。

前編「「終活しましょう」50歳エリート資産家長男が惚れた12歳年下妻「疑惑の行動」」では、50歳の兄の「変化」と妻の疑惑の行動をお伝えした。兄はかつては実家に住み70代後半の両親のサポートをし、里沙さんの夫と2人の子供たちと良好な関係を維持していた。しかし、コロナ禍から少し距離を置くようになり、突然12歳年下の女性との結婚を事後報告してきたのだ。真面目な仕事人間だった兄が母の前でも妻とイチャイチャし、子づくり宣言もするなど、大きな変化を感じさせた。また、この妻は実家の母に「終活しましょう」と熱心に勧めてきた。さらに合鍵で侵入し、金目のものを持ち出して売っているようなのだ。そこで妹の里沙さんが山村さんに調査を依頼。目的は兄に目を覚まさせて離婚させることだった。

山村佳子
私立探偵、夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県横浜市で生まれ育つ。フェリス女学院大学在学中から、探偵の仕事を開始。卒業後は化粧品メーカーなどに勤務。2013年に5年間の修行を経て、リッツ横浜探偵社を設立。豊富な調査とカウンセリングを持女性探偵として注目を集める。テレビやWEB連載など様々なメディアで活躍している。
リッツ横浜探偵社:https://ritztantei.com/
-AD-

50歳の兄の「結婚相手」とは

マッチングアプリの登場で、「家族に何も言わずに入籍」する人が増えています。家族が「ウチの子の結婚した相手を調べてください」という依頼も目立ち、結婚は家同士で行うことだと改めて感じています。法律上、家族という単位になるので、財産の問題も発生します。
特に50代の結婚では、大人同士なのでさまざまなトラブルがあります。例えば、結婚相手が老いた両親を追い出したり、家業を乗っ取ったり、認知症の両親の貯金を無断で引き出したなど。

依頼者・里沙さんの家は資産家です。もしかすると兄の妻は初めから財産目当てで結婚したかもしれません。写真を見せていただく限り、兄は女性の経験が少ないガチガチのエリート。兄の妻は、胸元がざっくり空いたギャルファッションを身にまとい、人との距離感が近い。異性に免疫がない人ほど、ボディタッチや人前でのキスなど、濃密なコミュニケーションを行われると相手にのめり込んでしまう傾向があります。最初は拒否をしても、何度も繰り返されるうちにハマっていくのです。

まずは、兄のマンションの前で張り込みを開始。東京の高級住宅街にある新しい物件で、出入り口が1つしかありません。そこを向かいのコインパーキングから出入りが見られて張り込みしやすかったです。

朝7時に兄と思しき人が出てきます。スーツを着ていてビシッとしている。エントランスのドアを開けて振り返ると、ピンクのトップスにショートパンツをはいた妻がいました。2人は濃厚なキス。妻は「行ってらっしゃい」と手を振っていました。

1日目、2日目、3日目は全く動きがありませんでした。浮気をはじめとする行動調査の場合、調査対象者の背景や行動パターンを調査して、「この日」と決めてから動くのですが、この場合は事前情報が全くないので、ひたすら待つしかない。
4日目、兄がいつもよりも大きなバッグでエントランスから出てきて、迎えのタクシーに乗りました。「これは出張だ」と確信。私たちも気合を入れて尾行モードに入ります。