60〜80代を“幸せで豊かに”生きるために知っておきたい、現役世代と定年後の「大きな違い」

年収は300万円以下、本当に稼ぐべきは月10万円、50代で仕事の意義を見失う、60代管理職はごく少数、70歳男性の就業率は45%、80代就業者の約9割が自宅近くで働く……知られざる「定年後の仕事」の全貌——。

漠然とした不安を乗り越え、豊かで自由に生きるにはどうすればいいのか? リクルートワークス研究所研究員・アナリストの坂本貴志氏は、話題のベストセラー『ほんとうの定年後 「小さな仕事」が日本社会を救う』において、豊富なデータと事例から「幸せな定年後の生活」の姿を明らかにしている。

 

定年前のキャリアにおける「競争」

人生100年時代と言われる現代において、定年後の人々をとりまく環境は大きく変わっている。

現代における「ほんとうの定年後」は、誰もがその時々の状態に合った「小さな仕事」に従事しながら、無理のない仕事と豊かな消費生活を両立している姿にあると考える。

定年前のキャリアと定年後のキャリアの構造は確かに違う。

定年前のキャリアにおける一つのキーワードとして間違いなく存在しているのは「競争」という概念である。

「競争」という言葉は人によってはあまり良いイメージがないかもしれないが、これは社会を豊かにしていく上で大切な概念である。

現役世代の人々を中心として、仕事において互いに切磋琢磨していくことでイノベーションが生まれ、人は豊かな消費生活を送れるようになる。

そこには必然的に勝ち負けも生じる。ビジネスで成功して競争に勝ち残った人がいれば、その成果は大いに讃えられるべきだろう。

また、残念ながら競争に勝ち残れず、結果として自身が当初望んだものが手に入らなかったという人もいるかもしれないが、それもそれでいいではないか。

関連記事