保護犬「ハウ」との共演で感じたこと

『いぬのえいが』『グーグーだって猫である』など動物との暮らしをやさしい視点で描く作品も多い犬童一心監督と『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『余命1ヶ月の花嫁』の作家・斉藤ひろしさんが初めてタッグを組んだ映画『ハウ』(2022年8月19日(金)より公開)。前編では、ちょっぴり気弱な主人公・赤西民夫を演じた田中圭さんに、同じく主演のハウ役のベックくんとの「共演」について話を伺った。

そのインタビューで田中さんは、「保護犬」だったハウとの共演をして次のように語っている。

「保護活動に従事しているみなさんはとても熱心で、やっていることはすごく素敵なことだと思うので、もっと世の中の多くの方に知ってほしいというか、目立てばいいのになと、正直思いました。

僕の身近にも保護猫や捨て猫を飼っている人がいますが、周りの理解がまだ少し足りないなと思う部分もあります。命を飼うということに対して、無責任な人がけっこうな数いるんだなというのも素直な感想で、そこが一番の問題ですよね。そもそも、保護犬や保護猫がいなくなればいい話だと思うので、そんな世の中を目指していけたらいいと思います」

田中圭演じる赤西民夫と保護犬出身のハウ。(C)2022「ハウ」製作委員会
-AD-

後編では、ペットに関する問題について取材を重ねているライターの牧野容子さんがこの映画『ハウ』を見て感じた「動物とのやさしい暮らし」について、寄稿してもらった。

前編の田中圭さんのインタビューはこちらから
田中圭が語る「初めての経験」、映画初出演の“末恐ろしい共演者”とは!?