ロックバンドボーカルのSHALさんが天国へ…

2022年8月17日、ロックバンド「THE UNCROWNED」のTakeshiさんがあるツイートを公開しました。

”かねてより闘病を続けておりましたTHE UNCROWNEDのボーカリスト、SHALが令和4年8月5日に永眠致しました。 事の経緯はバンドのオフィシャルサイトにてご説明させて頂いておりますので、お目通し頂けますと幸いです。”

そして翌日には、SHALさんのアカウントからこういうツイートが公開されました。

”SHALの兄でございます。 本日のTakeshi様のご報告にありました通り8月5日に実妹SHALが逝去しました。 皆様にはご報告が遅れました事お許し下さい。 またTakeshi様、レコード会社様には本日まで逝去の報をお控え下さり深く感謝申し上げます。 母より応援くださった皆様への文面を添付致します。”

-AD-

SHALさんは「THE UNCROWNED(アンクラウンド)」というハードロックバンドの女性ボーカリスト。子宮頸がん闘病の日々を、Twitter(@shal_uncrowned)で赤裸々に明るく綴っていました。SHALさんは2020年6月に子宮頸がんの前がん病変が見つかり、抗がん剤治療から手術、放射線治療、再発、新たながん発症と、何度も困難に立ち向かっていたのです。

FRaUwebでは、3月18日にSHALさんに取材をし、ライターの及川夕子さんによる2本の記事を4月9日「子宮の日」に公開していました。
余命宣告に立ち向かうボーカリストが今伝えたい、「子宮頸がん」のこと
子宮頸がん告知から2年、ボーカリストの「生きる」が人々の心を動かす理由

SHALさんの「生きる」の想いが詰まった記事です。

そしてその記事公開から1ヵ月半後の5月31日、及川さんとともに、担当編集の伊藤はSHALさんの実家近くに会いに行っていました。そのSHALさんの姿にふたりが元気づけられ、励まされたのです。SHALさんへ心からのご冥福をお祈りするとともに、そのSHALさんの言葉を、伊藤より皆さんにお伝えします。

文/FRaUweb 伊藤まなび