2022.09.06
# 細胞 # 免疫学

細菌性食中毒・カンピロバクターの正体!「新鮮だから大丈夫」が通用しない理由

感染症の病原体 プロファイル【1】

人類誕生から現在まで、人の死因の累計第一位は感染症であることをご存知ですか? 感染症を引き起こすウイルスや細菌などの病原微生物(病原体)は、その小さな体と限られた遺伝情報量の中に、ヒトなどに感染して自らの子孫を効率よく増やして広めるための、巧妙で狡猾な生態を持つものばかりです。

「敵に勝つには、敵を知ることから」ーーシリーズ【感染症の病原体 プロファイル】では、そんな病原体たちの「見事な」までの戦略、生態を、『最小にして人類最大の宿敵 病原体の世界』を執筆された微生物学者の旦部幸博さんと北川善紀さんの解説でご紹介します。

まずは食中毒菌のカンピロバクター。食中毒は、しょっちゅうニュースでも耳にする、もっとも身近な感染症ともいえます。まだまだ気温の高いこの時期は、注意しなくてはならない、やっかいなものです。食中毒を起こしている病原体はいったいどんなものなのか、その正体に迫ります。

トップに登りつめた食中毒菌

「今、日本でいちばん多い食中毒の原因菌は腸炎ビブリオだ」……私が学生だった頃、微生物学の講義でそう教わりました。1980年代末の話です。

「腸炎ビブリオは海水に生息する食中毒菌で、日本には刺身や寿司など魚介類の生食文化があるからだ。しかし……」と、教授が続けて言った、こんな言葉が今も頭に残っています。「欧米ではカンピロバクター食中毒が多い。日本でも増えていて、いずれトップになるだろう」

この先生の予言(?)どおり、21世紀に入ってからずっと、日本の食中毒発生件数のトップクラスに位置しているのがカンピロバクター Campylobacter です。1990年代後半に出現したノロウイルスや、2013年に独立集計がはじまったアニサキスと、首位の座を争っていますが、細菌の中では文句なしの第1位。コロナ禍での外食減少で、現在は年間150件程度ですが、それまでは毎年300件以上の食中毒が発生し、2000人以上の患者が出ています。

カンピロバクターは、生物分類上の「属」に当たり、現在41種が知られていますが、このうちヒトに感染して食中毒を起こすのは、カンピロバクター・ジェジュニ C. jejuni とカンピロバクター・コリC. coliの2種です。以下、本記事では特に断りのない限り、この2種を指すものとして説明します。

【写真】カンピロバクター・ジェニカンピロバクター・ジェニの電子顕微鏡像 photo by gettyimages

カンピロバクターはグラム陰性菌の一種で、0.1×1〜10μmほどの菌体が1〜3回ほどねじれて、らせん形になった「らせん菌」と呼ばれるかたちをしています。

らせん菌の中では、回転数が多いスピロヘータと、一回転未満のビブリオの中間に位置する「スピリルム」というタイプです。菌体の両端に1本ずつ鞭毛があり、その回転力を利用して菌全体を「コルク抜き」のように回転させながら、比較的粘度の高い溶液中でも力強く遊泳します。

カンピロバクターの運動。菌体(赤)の両端に1本ずつ生える鞭毛(緑)を回転させて、粘液の中を泳ぐ(https://journals.plos.org/plospathogens/article?id=10.1371/journal.ppat.1008620より)

生育環境がちょっと変わっている!?

ヒト病原菌の中では、胃炎や胃がんの原因になるピロリ菌と近縁ですが、カンピロバクターは胃酸を中和する酵素(ウレアーゼ)を持たないため、胃では生育できない点が異なります。本来はニワトリ、ブタ、ウシなどの腸に生息する常在菌の一種で、なかでもニワトリに多く、その体温である42℃の環境を好みます。

【写真】ニワトリの腸に多いニワトリの腸に多く存在する photo by gettyimages

また、空気中の酸素濃度(約20%)よりも低酸素(3~10%)、かつ炭酸ガスがやや多い環境を好みます(微好気性)。このため専用の炭酸ガス培養装置や、密閉したびんの中でロウソクを燃やして酸素を減らす「ロウソクびん培養法」などの独特な方法で培養される、ちょっと特殊な病原菌です。

関連記事