2022.10.08

ここは「韓国」か…! 日本の地方都市に「韓国ショップ」が“続々開店”で「大人気」になっている…!

日本の地方都市で「韓国ショップ」が続々開店中…!

いま日本では韓国の食品や化粧品などを取りそろえたスーパーマーケットなどが相次いで出店している。

これまで韓流ブームを支えていたのは東京の新大久保などだったが、今回は日本の地方都市で韓国の食品などを扱うスーパーやコンビニが大人気になっていることが特徴的だ。

もはや韓国 photo/iStock
 

人気ショップの代表格が「Yesmart」と「韓ビニ」と「国際市場」だ。

まず国際市場だが、こちらは「日本初の韓国食品専門マート」を謳っている。韓国の食品や化粧品、生活用品やKPOPグッズまで扱い、日本では手に入れにくい商品もゲットできるのが売りだ。

株式会社KC Tradingが運営しており、本社は福岡県にあり、社長は韓流ドラマに出てくるようなイケメンだ。

現在の店舗数は5店舗ほどあるが、立地を見ると福岡県に佐賀県、和歌山県と、都心ではなく地方で人気になっていることがよくわかる。本格韓国フライドチキンの「金ちゃんチキン」を併設している店もあり、まさに丸ごと韓国を楽しめる店舗になっているわけだ。

SPONSORED