かいしさんは日本育ちの中国人。ペルーに留学し、ドミニカ共和国での駐在生活を経て、北京で生活。その様子を漫画にしたインスタグラム@kaixi_j)が人気を集め、フォロワーは7.1万人。そんなかいしさんは、昨年美大受験に挑戦し現在は日本に住む「美大生」としての顔も持つ。FRaUwebでの連載『かいしさんの日々』で、美大生になるまでの壮絶だった美大受験の準備期間について振り返っていただく短期連載。

第1回前編【日本育ちの中国人が、「自分は天才だ」と信じていたけれど挫折した日の話】から続く後編です。

記事最後には、かいしさんおすすめの美大漫画『ブルーピリオド』試し読みも!

美術から逃げていた日々

デッサン教室で、一番難しいモチーフを描いていたのは自分だと思ったけど(ダ・ヴィンチの頭)、それよりはるかに難しくて複雑な石膏像を描いていた子がいたのだった。しかも、その子は私より後に教室に入った子だった。

 

「自分が一番上手い」とずっと思い込んでいた私にとって、青天の霹靂だった。「私は、天才じゃなかったんだ」と想い知られた時だったかもしれない。

それからまもなく、中学の受験勉強に集中してほしいという親の希望により、私は教室をやめざるをえなくなり、そこから一年間デッサンを描くことはなかった。中学受験でも、一応美術系の中学を受験させてもらったけれど、一年絵を描いてこなかった私が毎日描いている人たちに敵うことはもちろんなく、あっけなく落ちた。

しょうがない、と思っていたけど、私はその結果で「才能が足りない」と親に判断されてしまったのだ。

漫画/かいし