新電力挫折、冬の電力不足も決定、空中分解、日本のエネルギー政策

脱炭素と再エネに殺されました

「シナジアパワー」で駄目なら

8月8日、東北電力と東京ガスが出資している新電力会社「シナジアパワー」は、電力小売り事業から11月末で撤退すると発表しました。

by Gettyimages

ですよねー感の伴うこの撤退劇は、高圧・特別高圧の電力を必要とする大口需要家である法人向けの同社でさえ「高騰した電力の仕入れ値が原因で収支改善の見通しが立たなくなった」ことが背景とされます。

しかも「シナジアパワー」は、新電力会社の中では非常にまともな部類の会社であり、冒頭にもありますように首都圏に営業先が絞られ、主に東京電力と大口契約をしている法人をターゲットにしていました。

そればかりか、供給する電力の約6割が東北電力や東京ガスからであって、調達燃料価格の問題により一時期供給相場がハネ上がったJEPX(日本卸電力取引所)からの調達は約2割、太陽光などをソースとしたFIT電気を含む再生エネルギー系の調達も約1割と、自力電源で一定程度賄い、外部ソースも利用して安い電力を法人向けに提供しようとしたという点で、他の新電力系も「シナジアパワーで駄目ならみんなアカンのではないか」と思うような状態になっていたのであります。大手企業ならではの組織的な問題もあったやには聞きますが、ともあれ関係者の皆さまはお疲れさまでした。

 

約700社超が設立されたこれらの新電力会社は、企業調査会社の報告によれば22年3月末時点ですでに30社以上が事業の破綻による倒産・破産や事業撤退を余儀なくされています。これらの企業のほぼすべてが、ロシアによるウクライナ侵略やコロナ経済によるサプライチェーンの断絶などを背景とした世界的なエネルギー価格の上昇により高騰した電力の仕入れ値が、販売価格を上回る逆ザヤを起こしたことが理由です。

関連記事