2022.09.23
# ライフ # 週刊現代 # ドラマ

あの衝撃からまもなく2年...今も謎に包まれた、女優・竹内結子さんが自ら死を選んだ「深層」

週刊現代 プロフィール

夜、一人きりになって

藤井氏はこう語る。

生きることと、死ぬことの両方が頭の中にある状態で、毎日生活していたと考えられます。そのうえで、いくつかの要素が重なると突発的に自殺を遂げてしまうケースがあります。

例えば、夜に一人きりになり、アルコールが入っていた状態で、さらに身体的疲労が蓄積し、プレッシャーのかかる仕事を抱えていた場合は危険な状況です

 

中林氏と二人の子供たちは今、関東近郊にある一軒家で3人暮らしをしているという。中林氏は趣味であるサーフィンを近くの海岸で長男と楽しむこともあるそうだ。

実父である中村獅童が長男を引き取る意向があることを中林氏の所属事務所に伝えています。しかし、中林氏側は応じるつもりはないそうです。

それは歌舞伎の道ではなく、自由に歩んでほしいと親権を主張した竹内さんの意思を今も尊重しているからでしょう」(スポーツ紙芸能デスク)

SPONSORED