「僕は必殺仕事人」政治家・ガーシーが掲げる“選挙改革”と“打倒自民党”

独占インタビュー

「岡田以蔵」として裏で動く

「政治家としての僕の役目は『必殺仕事人』になることです。要は、法の外では裁けない悪党を倒していく悪党になりたいんです。僕は岡田以蔵として裏でバッサバッサ切っていき、若い人間に政治の中枢を担ってもらう。30代前半の人らで閣僚を固め、40代の人が総理大臣になっていかないと、本当に日本は変わらないと思います」

ZOOM越しに語るのは、暴露系YouTuber「ガーシー」として知られる東谷義和氏(50歳)。8月には初の著書『死なばもろとも』を上梓した。さきの参議院選挙で28万7千弱の票を獲得して当選した国会議員だが、8月3日の第209回臨時国会では欠席をするという異例の行動を取った。

東谷氏(本人提供)
 

「国会に来ないとは、やる気があるのか」「ユーチューバーが政治家になってどうするのか」など、東谷氏に厳しい目を向ける人も多い。はたして「ガーシー」は何のために国会議員になったのか。ドバイとZOOMを繋いで、真意をきいた。

「まず重要だと考えているのは、若者にもっと選挙に参加してもらうことです。そのためには、電子投票を導入する必要があります。スマホで投票できるようにしないと、今の子たちは参加しないでしょ。電子投票が当たり前になり若者が投票するようになれば、組織票の力も弱められて、固い地盤を持つ二世、三世議員が落選するようになる。

選挙以外も、古いシステムはどんどん変えていったらいいんですよ。国会だって基本的にリモートでいいでしょ。実は自分は糖尿病の持病があって、新型コロナの重症化リスクも高いんです。感染リスクを考えたら、国会に集まる必要なんてないと思います」

関連記事