BTSの活躍が象徴するように、K-POPはいまや世界規模のコンテンツに成長している。その躍進を支えるものの1つと言われるのが「YouTube」だ。YouTubeをフル活用する韓国の音楽番組の戦略と、そうした番組に日本のアーティストが出演することが増えている背景について、韓国の大手エンタメ企業の日本法人で勤務経験のある平松道子さんが解説してくれた(以下、平松さんによる寄稿)。

古くは黒澤明監督の映画やその出演俳優、宮崎駿監督のジブリアニメ映画や数々の日本アニメ、ジャッキー・チェンやウォン・カーウァイ監督など、世界的評価を受け、現在も絶大な人気を誇るアジア発のエンタメコンテンツは数多く存在している。そうしたものの中でも、映画『パラサイト 半地下の家族』『ミナリ』、ドラマ「イカゲーム」、そしてBTSの活躍により、欧米圏から韓国エンタメ界への注目度と専門家からの評価が飛躍的に高まっていることは、ここ数年の国際授賞式のラインナップだけを見ても明白だ。

そんな韓国エンタメコンテンツの普及、特にドラマや映画の世界的ブームの情勢に欠かせなかったのが、190カ国以上(2022年9月時点)で視聴できるNetflixや、加入者数の増加が著しいDisney+などの配信プラットフォームだが、K-POPにとってのそれは無料の配信プラットフォームであるYouTubeだろう。

-AD-

K-POPが開拓したYouTube戦略

K-POPのMVや、事務所制作のオリジナルコンテンツなどは、現在のブームよりかなり前からYouTubeで無料公開されている。著作権、肖像権に厳しすぎないため、ファンが様々な言語の字幕をつけた動画やいわゆる「ファンメイド動画」と呼ばれるファンが編集した動画がYouTube上に数多く存在していることが、K-POPの世界的なブーム醸成の鍵となったことは多くの方がご存じの通りだ。

つまりK-POPアーティストや所属事務所にとって、動画コンテンツは世界的な人気拡大を目指す際に必須コンテンツであり、100カ国以上の国で無料視聴でき、全世界に23億人以上のユーザーがいるとされるYouTubeは欠かせないプラットフォームなのだ。

BTSは自身のYouTubeチャンネル「BANTANTV」でMV以外にもさまざまなオリジナルコンテンツを配信している。

現在YouTubeには、MV、オリジナル動画、ファンメイド動画、K-POPアーティストを活用した企業コラボレーション動画や、韓国で放送している歌番組のパフォーマンス動画など、K-POP映像コンテンツのレッドオーシャンとも言えるほど多くのK-POP関連動画が毎日、毎時間、世界中でアップロードされ、世界中で視聴されている。

一方、日本においても、コンテンツの供給側に著作権や肖像権についての意識の変化が見られるようになったことで、MVがフルでアップされることは当たり前になった。しかしMVをアップしたからと言って、既存のファン以外に見てもらうことは容易ではなく、世界中でアップされた数えきれない動画の中から選ばれるには工夫も必要だ。

では例えば、世界市場を狙いたい日本のアーティストがいた場合、どうするのか? そんな疑問に対する答えの1つとして、「韓国の音楽番組に出演すること」が挙げられるのではないだろうか。