地球環境のために、人々の権利のために、持続可能な未来のために、私たちにできることはなんだろう。すでにSDGsへのアクションを起こしている人たちに、いま取り組んでいることについて聞いてみました。今回は、エシカルファッションデザイナーとファッションモデルのお二人が登場です。

 

大人も子どもも。いま必要なのは現状を知り学ぶこと

石井瑛真さん

いしい・あけみ/エシカルファッションデザイナー。大量の服がつくられては捨てられるアパレル産業の仕組みを変えるべく、地球に優しい服づくりに打ち込む。2021年循環型のモノづくりを通して経済性と社会性を両立させた新しい資本主義の実現を目指す「for UNIVERSE」社を設立。

これ以上、服は必要なのか? ファッションデザイナーとして、常につきまとう疑問をクリアにするため、昨年立ち上げた会社「for UNIVERSE」では、パーソナルオーダーをはじめます。ひとりのお客さまとじっくり向き合いながら丁寧につくる服は、人生に長く寄り添える宝物になるのではと。希望者には、製作過程が見られる工場見学も行う予定です。

また子どもたちに向け、自立力や選ぶ力を身につける学びの準備も進めています。例えば今着ているTシャツが誰の手でどのようにつくられているのか。私がこれまで出会ってきた生産者さんにものづくりと向き合う姿を見せてもらうことで、子どもたちにものの大切さを感じ取ってもらえたら。幼い頃は、目の前の世界しか見えず、好きなことや可能性に気づけないもの。「世界は広いんだよ」「人生にはいろんな選択肢があるんだよ」と、幼い頃の自分が知りたかった、教科書に載っていないことを教えてあげたい。そして私たち大人もそこから学ぶ必要があると思います。