速報!新型iPhone/Apple Watchの進化を読み解くキーワード

アップルが目指す「理想の道具」とは?
緊急予告! 9月14日夜 iPhon14、iPhone14 Proの実機レポート記事を公開予定です。お楽しみに!

3年ぶりの「スティーブ・ジョブズ・シアター」開催

今年も、新しいiPhoneのシーズンがやってきた。

コロナ禍の影響で過去2年間はオンラインでの新機種発表が続いていたが、今年は3年ぶりに、アップル本社の「スティーブ・ジョブズ・シアター」内で開催され、筆者も現地で取材する機会に恵まれた。

【写真】発表会場は、3年ぶりに「スティーブ・ジョブズ・シアター」に写真上:発表会場は、3年ぶりに「スティーブ・ジョブズ・シアター」に。コロナ禍以前と変わらぬ混雑ぶりだった 写真下:発表はシアター内で動画を見るかたちで行われた

重要なポイント

今年のiPhoneは「14」。小型のminiがラインナップから消え、大型と中型の機種がそれぞれ「スタンダード」ラインと「Pro」ラインに存在する、というかたちになった。

【写真】ティム・クックCEOと、発表会後にの実機を使ったハンズオンイベント写真上:発表動画再生前に壇上で挨拶したティム・クックCEO 写真下:発表会後には、実機を使ったハンズオンイベントも

だが、筆者としては、今年の発表の軸は、単純に「iPhoneが出た」ことではないように思える。「万が一の事態にも備えられるデジタル機器」という側面を、アップルが強く意識していることが重要だと感じているからだ。

それはいったいどういうことなのか?──新製品の特徴をひもときながら説明していこう。

関連記事