現在5歳の女の子と2歳の男の子の子育てをしながら、思わず笑ってしまったことや感動したこと、子どもたちから学んだことなどをユーモアたっぷりの漫画にして、ブログインスタグラムで発信している漫画家・イラストレーターのはなゆいさん。同じように子育てをしているママたちから共感の声も多く、マネしたくなる子育てワザもすごいと評判。インスタグラム(@yuihanada7)のフォロワーは現在11.5万人以上です。

今回は、ある日、家でのんびり過ごしていたら、当時4歳だった娘が突然「もっと後に生まれたらよかった」とつぶやいた話をお伝えします。その言葉にドキッとさせられたはなゆいさんは、言葉の真意を娘に聞いたところ、さらにハッとさせられたと言います。どのような気持ちが込められた言葉だったのでしょうか。

【笑う母には福来る】
#1 4歳娘が「もう歩けない」と言い出した買い物帰り…ピンチを脱したママの一言
#2 家族揃って久々の外食にウキウキ!のはずが…思ってたのと違う「母の叫び」

さみしい思いをさせていたのかな?

こんにちは。はなゆいです。5歳の娘まる子と2歳の息子おーちゃんに振り回される日々を送る絶賛育児奮闘ママです。

-AD-

みなさん、子どもが何気なく発した言葉にドキッとすることはありませんか?

我が家では、けっこうあります。特に娘のまる子の言葉にハッとさせられることが多いです。そんな中でも、我が家のベスト3に入るほど、母心にブッ刺さったひと言についてのお話をお届けします。

場所はリビング。親子でのんびりとしていたある日、当時4歳だった娘がふいにこうつぶやきます。

「もっと後に生まれたらよかった」

まる子には2歳年下の弟がいます。私にとって2人とも大切な存在ですが、ついつい手がかかる下の子に注意が向いてしまいがち。「もっと甘えたいのかな…?」我慢させる場面が度々あり、さみしい思いをさせている自覚が私にはありました。なので、この言葉には本当にドキッとしました。

ところが、娘にその言葉の真意を聞いてみたところ、そこにはさらに驚きの事実がありました。「もっと後に生まれたらよかった」と思った理由は、下の子にママを取られたさみしさから生じたものではなかったんです。子どもを愛するがゆえにママがやりがちな(?)、当時の私が無自覚でしていたある行動が原因だったのです……。

漫画/はなゆい