現在5歳の女の子と2歳の男の子の子育てながら、「笑い」と「涙」をテーマにした子育て漫画をブログインスタグラムで発信している漫画家・イラストレーターのはなゆいさん。思わず笑ってしまったことや感動したこと、子どもたちから学んだことなどを描いた漫画は、子育てをしているママたちからの共感コメントも多く、インスタグラム(@yuihanada7)のフォロワーは現在11.5万人以上。マネしたくなる子育てワザもすごいと評判です。

今回は、自宅で娘と遊んでいたら突然、緊急地震速報が家中に鳴り響き、その後の娘の言動に仰天したエピソードをお伝えします。感心しつつも、はなゆいさんが驚いたこととは。

【笑う母には福来る】
#1 4歳娘が「もう歩けない」と言い出した買い物帰り…ピンチを脱したママの一言
#2 家族揃って久々の外食にウキウキ!のはずが…思ってたのと違う「母の叫び」
#3 弟のいる4歳娘が「もっと後に生まれたかった」とママにつぶやいた驚きの理由

緊急地震速報が家中に鳴り響く

こんにちは。はなゆいです。現在、5歳の娘まる子と2歳の息子おーちゃんに振り回される日々を送る絶賛育児奮闘ママです。

 

みなさんのお子さんは「ごっこ遊び」は好きですか? 

うちの娘は4歳の頃からセルフ回転寿司屋さんごっこにハマっています。部屋にあるジャングルジムや滑り台を組み合わせて流れるレーンを作っては、お寿司(空箱やミニカーなど)を流す……を繰り返し楽しんでやっています。

今回は、そんな回転寿司屋さんごっこ中に、不意にやってきた緊急地震速報と遭遇した娘がとったアクションについてお届けします。

その日も娘は回転寿司遊びをしていました。すると突然、緊急地震速報が! 我が家の住んでいるマンションはインターホンから緊急地震速報が流れるタイプなのですが、その音量は大人でもビクッとするほどの大音量。

「間もなく」→「すぐに」→「来ます!」と地震の到達予測に合わせ、不穏な音声が家中に鳴り響きます。

この徐々に近づいてくる感じと、あの独特な音は大人でもちょっと怖くなる感じです。そっと娘の様子を見ると、遊ぶ手を止め、神妙な面持ちで地震速報を聞いていました。

幸い大きな揺れはなく、何事もなかったように娘は回転寿司遊びを再開したのですが、そのときの娘の言動に感心するとともに微笑ましくなりました。

漫画/はなゆい