2022.09.17
# 自然寿命

40歳以降は「おまけ」の人生?! 生物学者が語る「在るべき生き方」

人間の自然寿命は40歳以下
本来、人間の寿命は38歳です。
現在は医療の発達や栄養状態が良くなったために寿命が延びるようになったのですが、生物学的に考えると40歳からは「おまけ」の人生といえます。
折角手にした「おまけ」なのだから、自由気ままに楽しく生きるようにした方が良いのです――。
『40歳からは自由に生きる 生物学的に人生を考察する』から紹介します

(※本稿は池田清彦『40歳からは自由に生きる 生物学的に人生を考察する』を一部再編集の上、抜粋しています)

死は避けられない、だから人生を大切にしたい

私たち人間はある日突然、ふってわいたように地球上に現れたわけではありません。今から38億年前、地球上に初めての生命が生まれました。それ以降、気の遠くなるほどの長い年月を経て進化をくりかえしながら、さまざまな生物が生まれては滅んで、約700万年前になってようやく、進化の現行ランナーの一員としてわれわれ人類が出現したのです。

私たち人間は38億年にもおよぶ進化の長大なる歴史の結実ともいえます。38億年ものあいだ、おびただしい数の生物たちが連綿として命を紡ぎ続けてきた結果、私たち人間の「今」があるわけです。そのことに思いをはせるとき、人間である自分のことや、そこまで命をつないできてくれた他の生物たちのことが、愛おしく感じられるかもしれません。

進化の最終形態としての多細胞生物は私たち人間も含めて、かならずいつかは死んでいきます。人間は死ぬように運命づけられているわけです。そうであるならば、限りある人生を私たちはどのように生きていけばよいのでしょう。

 

関連記事