2022.09.23
# ライフ

「お布施」の金額でお坊さんがへそを曲げた…?48歳男性が青ざめた「父の葬儀」の意外な結末

安部 由美子 プロフィール

いくら包めばよいか思い切って聞いてみる

あとは、「温かい感謝の気持ちで挨拶をして、今のお寺を出てくださいね」と私から伝えました。健太さまからは、「言われなかったら、文句を言うところでした。なるほど」と返事がありました。

しばらくしてから、「全て願ったように終わり、安心しています」と連絡がありました。「ここから晴れやかに堂々と歩んでいけます」と、健太さまの気持ちが新たになったのを感じ取れ、良かった……もうそれしか思えない私でした。

Photo by iStock
 

現在、問題になっている寺離れにも、事情はいくつかあります。今回のような寺離れは、とてももったいなく感じます。人口が減ったとか、墓守がいないとか、そんな切実な理由ではないからです。

健太さまから相談されたようなケースは、これまでもありました。例えば、お葬式中にお坊さまと遺族の言い合いが起こったことさえも。こういう出来事が起こると、遺族が寺を抜けるだけでは済みません。参列者の中からもこの寺から出る人が続いていくのです。

ここで改めてお布施の額について、考えてみましょう。

結論から言えば、勇気を出して皆さまが「このたびはよろしくお願いいたします。お布施については、恥ずかしながら、見当もつかなくて困っています。どうぞ、その金額をお教えください」と、尋ねてみてください。

はっきりと教えてくださる人と、「お気持ちで」という言葉を使う方に分かれるでしょう。

SPONSORED