2022.09.10
# ライフ

60歳妻の誕生日に夫が不倫…渡された“バースデーカード”の「ヤバすぎる中身」

「私が一番」と信じていたのに…

高齢化が著しい日本において、これからますます問題となるであろう「熟年離婚」。厚生労働省が発表している人口動態統計によると、2020年の離婚数は19万3251件のうち、同居年数20年を超える夫婦の離婚は7万7960件、実に40%以上を占めている。その原因はさまざまに考えられるが、その一つが「熟年不倫」ではないだろうか。

この先深刻な問題になると思われる熟年不倫を詳細にレポートし、SNSなどで話題を呼んでいるのが『熟年不倫サレ母は今日も離婚に踏み切れない』(原作:ナナリョウ、漫画:灯まちこ)。原作者のナナリョウこと江藤菜々さんは、当事者の一人として父親の不倫の実態を生々しく記している。

©灯まちこ
拡大画像表示
 

父・貴史さんと近所に住む女性「翔子」の不倫が発覚し、大騒動となっている江藤家。不倫相手に送ったメールや不倫の詳細を記した日記など証拠が次々と見つかり、菜々さんと妹・未央さんは父親への怒りを募らせていく。しかし母・智美さんは「夫に裏切られた」という事実を受け入れられず、怒りの矛先を不倫相手の「翔子」に向けることで、夫婦関係を修復しようとしていた。

【前編】『「不倫相手に夫は渡さない」…裏切られた「60歳サレ妻」の“ヤバすぎる暴走”』では、夫の不倫を知りながらも、60歳の誕生日プレゼントに「夫婦向けペア時計」を欲しがる智美さんの“ヤバい心理状態”について説明した。重い空気が流れる江藤家に、智美さんの誕生日が近づきつつある――。

誕生日が近づいてきた…

智美さんの60歳の誕生日、貴史さんは偶然にも休みを取る予定だった。「不倫相手と密会するのではないか」と菜々さんたちが心配する一方で、智美さんはむしろ気分が高揚していたようだ。

SPONSORED