2022.09.13

60歳スーパー経営者と「店内不倫」していた38歳女性パート従業員が突然姿を消す…後日送られてきた手紙の“衝撃の中身”

スーパーマーケット経営者の坂本(60歳・仮名)は、自分の店で働くパート女性(38歳)の優しさに惚れ込んだ。不倫関係ではあるが、坂本は「純愛」だと信じて疑わなかった。前編記事に引き続き、恋愛セラピストの麻未知花氏がこの不倫関係の末路をレポートしていく。

photo by gettyimages

「服の選び方も教えてくれた」

“婚外交際”に発展後、坂本は女の自宅に通うようになった。2人の蜜月は半年ほど続いた。

「彼女は美容師の資格を持っていて、『本当はかっこいいんだから勿体ない』と、僕の髪の毛をカットして、ツーブロックの短髪にしてくれました。フケは『自分にあったシャンプーをみつけて、洗い方を覚えれば解決できるよ』と教えてくれました。彼女の言う通りにやってみたら1か月ほどでフケが出なくなりました。服の選び方も教えてくれました。彼女と出会ってから自分がどんどん良い方向に変わっていく実感がありました」

夫の変化に妻も気づきそうだが、「妻は僕の仕事にも、僕自身にも興味を持ってなかったので何も言ってこなかった」という。不倫したがる男が「妻とうまくいってない」とよくウソをつくが、坂本に限って言えば、それはなかったようだ。

 

女は公私ともに坂本を「支えてくれた」という。ただ、「私に今の店舗を任せてくれないかしら?売上げを伸ばす自信があるの」と言われたあたりから雲行きが怪しくなっている。

SPONSORED