2022.09.23
# 保険

今さら聞けない、自動車保険の「弁護士費用特約」の凄まじいメリット

車に乗っていないときも役立つ!

自動車保険には任意でセットできる特約がさまざまあり、弁護士費用特約はその1つです。この特約をセットしていれば、交通事故にあったときなどに、相手方との交渉窓口として法律のプロである弁護士を頼ることができます。

いざというときに心強い特約ですが、日常生活で接する機会の少ない弁護士への依頼となると、具体的な必要性を想像するのは難しいかもしれません。

本記事では、弁護士費用特約の補償内容を詳しくお伝えするとともに、加入するメリットや利用に際しての注意点などをわかりやすく解説いたします。

Photo by iStock
 

そもそも「弁護士費用特約」とは?

弁護士費用特約は、弁護士への相談や依頼にかかる費用を補償するものです。ご自身が交通事故にあわれ、相手方へ損害賠償を請求する際などに役立ちます。

まずは、弁護士費用特約について詳しい補償内容や、特約加入者の状況などをお伝えします。

■自動車にまつわるトラブルで利用可能

交通事故にあうと、一般的に相手方との交渉は保険会社が行います。法律にのっとり、過去の事故の事例などを元にお互いの過失割合を判断し、損害賠償金額が決定されます。

保険会社は被害者に代わって、加害者の加入する保険会社の担当者と難しい交渉を進めてくれます。しかし、保険契約者に過失がなければ、保険会社に相手方と交渉してもらうこともできないのです。

また、交通事故への印象は当事者個人の考え方や感覚に左右されやすく、提示された過失割合や賠償金額にお互いすぐに納得できるとは限りません。

くわえて、交渉や適正な賠償金額の判断は個人には難しいため、話がなかなか進まず、決着までに何年もの時間を要することもあります。

このような場合に弁護士費用特約をセットしていれば、相談、交渉の委任や訴訟にかかる費用が補償されるため、法律の専門家に不安なく相談できます。

法律の専門家が対応してくれるので、相手方との交渉もスムーズに進みやすいでしょう。

SPONSORED