2022.09.17
# 科学・技術 # サイエンス

ノーベル賞学者・大隅良典博士が語る「日本の科学力が低下した」理由…「論文の引用回数がそれほど重要な指標とは思っていない」 

どうすれば日本の科学力を立て直せるか

「日本の科学力の弱体化」を示す調査結果が、またも報告された。

今夏、文部科学省・学術政策研究所が発表した「科学技術指標2022」は、本来、日本をはじめ世界各国の科学技術活動を5つのカテゴリーに分類し、約170の指標で総合的に評価するものだ。

とは言え、それらの中でもひときわ注目されたのが、科学論文の引用回数に基づく世界ランキングだ。言うまでもなく、ある科学論文は他の論文から引用される回数が多いほど、その注目度が高く、間接的ながらも重要性の高い論文と評価される。

 

今回の調査では、引用回数で上位10パーセントに入る論文数で日本は前回(10年前)の調査より順位を6つ落として世界12位、上位1パーセントの論文数では同じく3つ落として世界10位となった。

20年前の同じ調査では、上位1パーセント、10パーセントとも日本は米国、英国、ドイツに次ぐ世界4位だった。これと比べると、特に上位10パーセントでは今やトップ10の圏外に落ちるなどショッキングな結果となった。

しかし、こうした統計的な指標に基づくランキングに、一国の科学力を推し測る上でどれほどの意味があるのだろうか? また日本の科学力は本当に憂慮されるほど低下しているのだろうか。だとすれば、それを食い止めるために今、何をすればいいのだろうか?

2016年に「オートファジー(細胞内部の自食作用)」の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典博士(東京工業大学榮譽教授)は、日本の科学力の低下に警鐘を鳴らしてきたことでも知られる。

photo by gettyimages

大隅博士に、今回の調査結果をどう見ているか、また日本の科学力を立て直すために何をすべきかを聞いた。

関連記事