2022.09.14
# Apple # 精密機器

実機で検証!高額化したiPhone 14「それでも買うに値する」人の条件とは?

判断材料になる新機能を試してみた!

最新機種3タイプを入手

9月16日から発売が開始される「iPhone 14」シリーズの実機レビューをお届けする。

今回発売になるのは、スタンダードな「iPhone 14」と、機能の高いハイエンドモデルである「iPhone 14 Pro」および「iPhone 14 Pro Max」だ。スタンダードモデルで画面サイズの大きい「iPhone 14 Plus」は、10月7日と発売日が先なので、今回は入手できていない。

【写真】iPhone14の3機種左:iPhone 14。カラーはブルー 中:iPhone 14 Pro。カラーはスペースブラック 右:iPhone 14 Pro Max。カラーはディープパープル

急進した円安の影響もあり、「今年のiPhoneは高い」と言われる。確かに、どのモデルも10万円を超えており、例年よりも高く感じる。

今年のiPhone 14シリーズは「それでも買うに値する」のか。実機を確認しながら、じっくり検討してみよう。

「スタンダードかProか」×「6.1インチか6.7インチか」

冒頭で述べたように、今年のiPhoneは「スタンダード」と「Pro」の2ライン構成といっていい。昨年までと似た構成ではあるが、スタンダード(数字のみ)と「mini」だったものが、スタンダードと「Plus」に変わった。

【写真】左がiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Max左がiPhone 14 Pro(6.1インチ)、右がiPhone 14 Pro Max(6.7インチ)

スタンダード=iPhone 14とiPhone 14 Proとでは、かなり要素が異なる。逆にいえば、スタンダードを買いたいのかProを買いたいのかで、「今年買い替えるべきか」の判断も変わってくる、ということだ。

ディスプレイサイズは、スタンダードかProかを問わず、いずれも小さいほうは6.1インチで、大きいほうは6.7インチとなっている。機能面では、ディスプレイサイズの違いによる変化はないので(ただし、バッテリー動作時間は大きいほうが長い)、まず「スタンダードかProか」を選び、次に「サイズ」を考えるのがいいだろう。

「Pro」のディスプレイは常時点灯に

まず、「Pro」とスタンダードで大きく異なるのがディスプレイだ。

Proシリーズは今回から、「常時点灯型ディスプレイ」を採用した。従来のモデルでは、電源スイッチを押すとスリープ状態になり、画面が消えて「黒くなる」のが通例だった。スタンダードモデルのiPhone 14は、今年もそうなっている。

しかし、iPhone 14 Proシリーズは、電源スイッチを押しても完全には画面が消えない。うっすらと表示されているような感じになる。

【写真】通常時と「常時点灯で消えている」時通常時と「常時点灯で消えている」時をセットで(丸写真が通常時)。暗くなっても画像がほんのり見えている

これは、他社製スマホの「常時点灯」とは、ちょっとニュアンスが異なるものだ。

他のスマホでも常時点灯機能の搭載は増えたが、時計など一部の要素だけを表示しておく、というやり方を採用するのが多数派だ。それに対し、iPhone 14 Proシリーズの場合は、画面の輝度を大幅に下げ、表示の書き換え回数を毎秒1回に減らす、というアプローチを採っている。

だから、写真を壁紙にしてもうっすらとその被写体がわかる。この方式は、Apple Watch(SE以外)で採用されている「常時点灯ディスプレイ」と同じやり方で、素材に「低温多結晶酸化物(Low Temperature Polycrystalline Oxide、LTPO)」を使ったディスプレイの特性を活かしたものだ。

常時点灯となると、どうしても気になってくるのが「消費電力」だろう。iPhone 14 Proシリーズは出荷時の設定で「常時点灯」となっているが、バッテリーが長持ちするのなら、この方式でもいいだろう。

実際にはどうなのか? 実機でテストしてみた。

関連記事