2022.11.23

「日本サッカーに足りないものは…」南野拓実×サッカー漫画『ブルーロック』金城宗幸(原作)特別対談

昨日開幕した4年に1度のサッカーの祭典カタールWカップ。日本代表はスペイン、コスタリカ、ドイツと共にグループEの組でグループリーグを戦うことになる。

日本代表の初戦となるドイツ戦は、明日11月23日22時(日本時間)にキックオフ予定だ。今大会もグループリーグ突破となるか、日本代表の活躍に期待がかかっている。

その日本代表のエースストライカー南野拓実選手と、現在アニメ放送中のサッカー漫画『ブルーロック』の原作者である金城宗幸さんの対談の様子をお届けする。

南野拓実/現在ASモナコ所属、日本代表のプロサッカー選手。2022年1月より講談社の『Inspire Impossible Stories』アンバサダーを務める。
金城宗幸/現在「週刊少年マガジン」にて『ブルーロック』の原作を担当。過去作に『神さまの言うとおり』『僕たちがやりました』等。
『ブルーロック』原作者・金城宗幸さん(左)、サッカー日本代表・南野拓実選手(右)
 

プロになる前までは、すごく「エゴ」だった

――南野選手は、漫画がお好きで『ブルーロック』も読まれていると伺っています。『ブルーロック』は、ストライカーの「エゴ」をテーマにした作品ですが、南野選手ご自身は「チームプレイ」と「エゴ」だとどちらを大事にされていますか?

南野 プロになる前までは、すごく「エゴ」だったと思います。でも、今はどちらが大事とは答えられないですね。僕はメッシのように一人で局面を打開していく選手ではないので、それよりもチームのために、もっと何ができるのかということを考えるようになりました。

日本にいるときよりも、海外に行ってからのほうが、より強くそう考えるようになったと思います。海外のクラブでは、まず試合に出ないといけない。ゴール以外の部分でもチームに貢献しないと試合に出ることができないので、それで考えが変化していったのだと思います。

それは、別に悪い事ではなくて、そういうふうに進化していって今の自分があるんだと思います。

関連記事