コンビニ売上の1%しかない「雑誌コーナー」がしぶとく生き残っている理由

「このままでは5年後に、紙の雑誌は姿を消す」とプレジデント元編集長でイトモス研究所所長の小倉健一氏は不安を口にする。かつてコンビニの花形商品であった雑誌コーナーも、今では全売上の1%の超低空飛行を続けている。誰も読まなくなった雑誌コーナーがそれでも存続する理由は何か。『週刊誌がなくなる日 「紙」が消える時代のダマされない情報術』を執筆した小倉氏が解明する。

このままでは2027年、売り上げゼロ?

2021年の「出版物販売額の予測」(PDF版・日販)によれば、「雑誌(紙)」の販売額は、2006年比で58.6%減と壊滅的な推移を示している。また、2015年に5960億円あった販売額は毎年500億円程度の売り上げ減を続けていて、最新データ2020年では3582億円となっている。このままのペースで500億円ずつ売上が減っていくと「2027年には雑誌の売り上げがゼロ」になる計算だ。

私は、経済誌プレジデントの編集部に13年ほど在籍していて、最後の1年半は編集長をしていた。プレジデントオンラインも、熱を入れて手伝っていたこともあったものの、基本的には紙の雑誌編集部に13年在籍していた。

その「紙」の雑誌の命運が、あと5年で尽きようとしている。そんな強い危機感から、「週刊誌がなくなる日」という本を出版することになり、関係各所を猛烈に取材して書き上げたのだ。

Photo by GettyImages

取材の中で、一つ、愕然としたことがある。

コンビニの「雑誌コーナー」の売上は、コンビニ全体のわずか1%にしか満たないということだ。雑誌コーナーといっても、週刊誌だけが置いてあるのではない。少年ジャンプなどのコミック雑誌や成人漫画、そして、高価なステンレスボトル付きなどの雑誌本体よりも付加価値の高いような付録をつけた雑誌も含めた数字での「1%」なのだ。

 

雑誌コーナーといえば、かつて、コンビニの花形だった時代もあった。日販のデータによれば、2002年は7%あった。立派なコンビニの主力商品だったのだ。雑誌コーナーのある場所は、どんどん店の奥に配置するようようになった店舗も増えてきたが、当時は、コンビニの外から確実に見える位置にあって、店外から立ち読み客で賑わう様子を伝えることでお客に安心して来店してもらうような狙いもあった。

関連記事