世界のセレブが“ドはまりする”驚きの最新トレーニング、その「全貌」を大公開する…!

運動不足を解消したい人は必見!

1日たった4分足らずの時間で、有酸素性トレーニングと無酸素性トレーニングを同時に行えて、かつ、どちらも最大の効果が得られる夢のようなトレーニング方法が今回オススメする「タバタトレーニング」だ。

世界中の人たちが日々実践しているこのトレーニングの特徴は「高強度・短時間・間欠的」の主に3つ。

まずは、タバタトレーニングの基本的な考え方を紹介していこう。

※本稿は田畑泉『1日4分 世界標準の科学的トレーニング』を一部再編集の上、紹介しています

世界に羽ばたく大人気のタバタトレーニング!

インターネットで「TABATA Training」を検索すると約950万件ヒットしますが、日本語の「タバタトレーニング」で検索すると、ヒット数は約85万件です(いずれも2022年7月1日現在)。

実に、英語ページのほうが日本語ページよりも10倍以上多く存在します。その数字が示すように、タバタトレーニングは日本よりも海外でよく知られるトレーニングなのです。

中でも最初に注目したのは、アメリカ西海岸のトレーニングマニアたちでした。どうやら著者の発表した論文を読んだことで一気にブレイクしたようです。

その後、東海岸のハーバード大学医学部の学生たちも論文を読んで知り、タバタトレーニングをやりはじめました。タバタトレーニングは、休息を挟みながら高強度の運動を行う「インターバルトレーニング」の一つですが、このようなトレーニング自体は1930年代から存在していました。

それが、1952年のヘルシンキオリンピックで5000m、1万m、マラソンの3つの金メダルを獲得した陸上選手ザトペックが採用していたことで有名になった、という歴史があります。

【写真】エミール・ザトペックインターバルトレーニングを取り入れた、チェコスロバキア(現在のチェコ)のエミール・ザトペック photo by gettyimages

運動効果を科学で証明した世界のTABATA!

ただ、著者がタバタトレーニングを研究し、その効果を科学的に明らかにした論文を発表したことで、世界的に「TABATA」が知られることになったのです。

今では、アメリカに限らず、ヨーロッパ、南米、アジア各国にも伝わるに至りました。また、タバタトレーニングを行っている人も多岐にわたり、プロアスリートやアマチュア競技者をはじめ、時間がない多忙なエグゼクティブや一般の人も取り入れていて、効果的なトレーニング方法として広く認知されるようになっています。

もちろん、海外だけでなく、日本でも多くのアスリートたちがタバタトレーニングを実践しています。著者の知る限りでも、スピードスケートやラグビー、バドミントン選手などが取り入れていますし、数年前には、大学駅伝の強豪チームが採用していることでも話題になりました。

最近では、モデルさんやタレントさんなどの著名人もSNSで紹介してくれているようです。読者の皆さんの中でも、運動に関心の高い方などはすでにご存知かもしれません。

【写真】ヘンリー・カヴィルNetflixで配信中の『ウィッチャー』(The Witcher)で、怪物退治を請け負う凄腕ハンターを演じるヘンリー・カヴィル。彼もタバタトレーニングを実践しているという photo by gettyimages

さて、タバタトレーニングとは、どのようなトレーニングなのでしょうか?

関連記事