「テレワークを隠れ蓑にした浮気は多いです。社内恋愛カップルの中には、共同で家を借りた人もいます」と語るのは、浮気調査に定評がある「リッツ横浜探偵社」の山村佳子さん。

総務省が発表した『情報通信白書』(2021年)によると、民間企業のテレワーク導入は新型コロナ感染拡大に伴い、導入が急拡大。2020年の緊急事態宣言時には17.6%から56.4%へと上昇する。現概況については公益財団法人日本生産性本部が調査しており、2022年7月の統計を見ると実施率は16.2%。日本にテレワークは定着しにくいというのが多くの人の見解だろう。

山村佳子さんのもとに相談に来たのはメーカー勤務の洋平さん(40歳・仮名)は、外資系企業に勤務する妻(43歳)と結婚9年。8歳の息子とともに、23区内の一戸建てに住んでいる。妻がテレワークなのに外出を重ねている気配があることと、離婚届を突き付けてきたことで、浮気を疑っていた。

前編「「息子を東大に入れる」“選民意識”満載の夫が疑う、妻の「テレワーク偽装」浮気」では、洋平さん夫婦は授かり婚をしていること。洋平さん自身が、妻を年収と容姿で、息子を成績で判断する独特の価値観の持ち主であることを紹介した。具体的な妻の生活や行動、何を考えているかなどは把握しておらず、会話がほとんどされていないか、もしくは一方的に洋平さんが話しているだろうことも推測できたのだ。一度は離婚を持ち出されたこともあるという。妻は浮気をしているのか。そしてその後の夫婦の決断は。

山村佳子
私立探偵、夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県横浜市で生まれ育つ。フェリス女学院大学在学中から、探偵の仕事を開始。卒業後は化粧品メーカーなどに勤務。2013年に5年間の修行を経て、リッツ横浜探偵社を設立。豊富な調査とカウンセリングを持女性探偵として注目を集める。テレビやWEB連載など様々なメディアで活躍している。
リッツ横浜探偵社:https://ritztantei.com/
-AD-

妻の「テレワーク場所」とは…

これまでに、リモートワークの浮気調査は無数にしてきました。どちらかが一方が家を出て、子供が学校に出たタイミングで浮気に走るケースが多くあります。
洋平さんの妻の場合、息子を小学校に行く朝8時15分に送り出し、洋平さんを9時に送ってから夕方にかけフリータイムになると予測。朝8時から自宅近くのコインパーキングで張り込みをスタート。

予想通り9時15分に妻が出てきます。妻は黒いノースリーブのワンピースを着ており、大きなバッグを持っている。色が白く、マスクをしていてもその美貌がわかります。ただ、顔色が冴えない。休み休み歩いており、適応障害の病歴があったことを思い出しました。

駅まで歩き、駅のベンチで水を飲みながら一休み。汗を拭いたりロールオンタイプの香水を着けたりしていました。電車を2本見送ってから、3つ先の駅で下車。
慣れた様子で、駅から10分程度歩いたマンションに入って行きました。合鍵を持っており、スムーズに上がっていきます。それから20分程度待っていると、30代半ばと思しき、白シャツにサルエルパンツの男性と出てきました。