2022.09.19

30~34歳の未婚男性のうち3人に1人が性体験なし、一方未婚女性は男性を上回る…言葉を失った衝撃的なデータ

恋人がいる割合は…

驚愕したと言えばいいのか、唖然として言葉を失ってしまった。「30~34歳の未婚者は、男性の3人に1人が童貞、女性の2.5人に1人が処女」という衝撃的なデータが、国立社会保障・人口問題研究所が9月9日に公表した「第16回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」で示されたのだ。(https://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou16/doukou16_gaiyo.asp)

photo by gettyimages

出生動向基本調査は5年ごとに実施されているが、21年6月の調査は新型コロナウイルス感染拡大のため、1年遅れで実施された。18~34歳を対象にした独身者調査では、7826 人から回答を得た。回答には、現在の若者の異性や結婚、生き方に対する考え方の一端が如実に表れている。

まずは、「異性との交際経験」だが、18~34歳の男性で交際経験があるのは60%、女性は64.8%となっている。交際ありの回答がもっとも多かったのは、男女ともに25~29歳で男性の63.6%、女性の71.2%だった。なお、他の調査項目についても、記述がない限り、18~34歳を対象としている。

 

「交際相手と知り合ったきっかけ」は、男性の30.1%、女性の26.1%が「学校で」でトップだが、SNSやマッチングアプリといった「ネットで」が男性で11.9%、女性で17.9%を占めている。新型コロナの影響もあって、ネットでの出会いが着実に増加傾向をたどっている。

「現在、恋人または婚約者がいる割合」では、男性は19.8%と20%を下回った。女性も27.8%と前回の10年調査の30.2%から2.4ポイント減少し、男女とも05年以降は減少が続いている。(表1)

表1
SPONSORED