2022.09.21

「カレーが出来上がってから、ようやくご飯を炊き始める」アスペルガー妻の料理手順に言葉を失う…追い詰められた30代夫のまさかの“突破口”

仁科 友里 プロフィール

マルチタスクが苦手

大輔さんが妻に家事を教えるのに孤軍奮闘している中で、看護師である大輔さんの義姉は「身内のカンですよね。妹はどこかおかしいと思っていました」と振り返る。

「勉強も出来ましたし、明るい子です。でも、なぜか浮いていて、お友達がいない。高校生のころは、男子とばかり仲良くしていて、平気でいろんな男子の膝の上にのっかたりしているので、ひどいあだ名をつけられていたそうです。大学生の時に近所のドトールでバイトをしたんですけど、最終的にクビになりました。見かねて、私が家庭教師のアルバイトを見つけてきました。こちらは問題なくできました」

飲食系のバイトは、レジをして調理もしながら、他の客の要望に応えるなどマルチタスク型の労働と言えるだろう。アスペルガー症候群の人にとっては、苦手な部類の仕事と言える。

「でも、一番向いていないのは、育児じゃないかな。マルチタスクが苦手な上に、子どもの気持ちに寄り添うことができないんですよ」

 

前出・司馬理英子医師は「アスペルガー症候群の人は、やるべきことがハッキリと決められていることには能力を発揮し成果を上げたりしますが、すべきことが決まっていないことについては非常に苦手です」と解説している。女性は結婚して出産すると、女、妻、母という究極のマルチタスクを背負うことになる。

SPONSORED