ライター
鈴木 綾
AYA SUZUKI

1988年生まれ。6年間東京で外資企業に勤務したあと、MBAを取得。ロンドンの投資会社勤務を経て、現在はロンドンのスタートアップ企業で働く。2017から2018年までハフポスト日本版に「これでいいの20代?」を連載。日常生活の中で感じている幸せ、悩みや違和感について日々エッセイを執筆。日本語で書いているが、日本人ではない。『ロンドンならすぐに恋人ができると思っていた』(幻冬舎)が初めての著書となる。