通訳・翻訳・執筆業
田中 晴子
HARUKO TANAKA

東京大学文学部卒・同大学大学院学術修士。同大学院博士課程単位取得満期退学・パリ第八大学博士課程中退。著書『フュミスム論』(19世紀末フランス表象文化論研究/1999年新書館)。元フランス国立東洋言語文化学院及びエクス=マルセイユ大学日本学科講師。通訳・翻訳業を行う傍ら、現在、コンセルバトワールのチェンバロ講師。フランス人と離婚・一児の母。

最新記事