編集者/株式会社水鈴社代表取締役
篠原 一朗
ICHIRO SHINOHARA

1978年東京都生まれ。小学生時代をスリランカで暮らす。大学卒業後、ゼネコン勤務を経て幻冬舎に入社。村上龍『新13歳のハローワーク』、雑誌『パピルス』の編集人などを務めたのち、2014年に文藝春秋に転職し、第二文藝部に配属。編集担当作に宮下奈都『羊と鋼の森』、野田洋次郎『ラリルレ論』、瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』、藤崎彩織『ふたご』、川村元気『百花』など。2020年に新たな出版社である水鈴社を立ち上げ、瀬尾まいこ『夜明けのすべて』、小貫信昭『Mr.Children 道標の歌』を刊行。水鈴社ウェブサイト:https://www.suirinsha.co.jp/

最新記事