日本大学危機管理学部教授、ジャーナリスト
勝股 秀通
HIDEMICHI KATSUMATA

千葉県生まれ。1983年に読売新聞社に入社。北海道支社などを経て東京本社社会部。93年から防衛庁・自衛隊を担当。99年には初の民間人として防衛大学校総合安全保障研究科を修了。ルワンダ難民支援、東チモールPKO、インド洋給油活動、ソマリア海賊対策など自衛隊海外任務を取材。編集委員や解説部長兼論説委員などを経て2016年4月から現職。著書に『自衛隊、動く』(ウェッジ)、『検証 危機の25年』(並木書房)など。

最新記事