ライター
大竹 聡
SATOSHI OTAKE

1963年東京都生まれ。 早稲田大学第二文学部卒業後、出版社、広告会社、編集プロダクション勤務を経てフリーライターに。コアなファンを持つ伝説のミニコミ誌「酒とつまみ」創刊編集長。「小説宝石」に散歩酒エッセイを、WEBでは「赤星探偵団」にて100軒マラソンを連載中主な著書に『中央線で行く 東京横断ホッピーマラソン』『下町酒場ぶらりぶらり』『大竹聡の酔人伝』『愛と追憶のレモンサワー』『五〇年酒場へ行こう』『新幹線各駅停車 こだま酒場紀行』など。「週刊ポスト」の人気連載「酒でも呑むか」をまとめた最新刊『ずぶ六の四季』が好評発売中

最新記事