鈴木 祐丞
SUZUKI YUSUKE

1978年生まれ。筑波大学大学院人文社会科学研究科哲学・思想専攻修了。博士(文学)。専門は実存哲学。現在、秋田県立大学助教。著書に『キェルケゴールの信仰と哲学』(ミネルヴァ書房)、訳書に『死に至る病』(講談社学術文庫)、『キェルケゴールの日記』(編訳、講談社)がある。

最新記事