ブランディング・ディレクター、クリエイティブ・ストラテジスト
工藤 拓真
TAKUMAKUDOU

大分県大分市生まれ。早稲田大学法学部卒(知的財産管理士)。電通で広告クリエイティブ制作・PRに従事した後、「クリエイティブ・ストラテジスト」として活動。大学講師、日本広告学会クリエイティブ委員会委員、NewsPicksアカデミアプロフェッサー、大学講師など。

自著に『勇者に学ぶ 難題に立ち向かう「戦略思考」』(日本経済新聞出版社)『進撃の相談室 13歳からの戦略論』(講談社)がある。

老舗ブランドの事業再生戦略、スタートアップ上場前後のマーケティング組織づくり、公共事業の街ブランディング支援など、広告だけでは解決できないブランド課題に挑むプロジェクトを多数推進。
2020年に電通を卒業後、コミュニケーションデザインブティック「dof」に参画。あわせて、九州を拠点として、ブランディングを生業とする「株式会社BRANDFARM」を立上げ

最新記事