宮本 太郎
TARO MIYAMOTO

1958年東京都生まれ。中央大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。立命館大学法学部助教授、ストックホルム大学客員研究員、北海道大学大学院法学研究科教授等を経て、中央大学法学部教授。専攻は福祉政治、福祉政策論。主な著書に『生活保障 排除しない社会へ』(岩波新書)『福祉政治 日本の生活保障とデモクラシー』(有斐閣)など

最新記事