刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

生物を分けると世界が分かる

生物学

生物を分けると世界が分かる

分類すると見えてくる、生物進化と地球の変遷

岡西 政典 プロフィール

すべての生物学の土台となる学問こそが、分類学だ!
なぜ、我々は「ものを分けたがる」のか? 人類の本能から生まれた分類学の始まりは紀元前。アリストテレスからリンネ、ダーウィン……と数々の生物学の巨人たちが築いてきた学問は、分子系統解析の登場によって大きな進歩を遂げている。生物を分け、名前を付けるだけではない。分類学は、生命進化や地球環境の変遷までを見通せる可能性を秘めている。生命溢れるこの世界の「見え方」が変わる1冊!
◆主な内容 プロローグ 分類学者の日常/第1章 「分ける」とはどういうことか ~分類学、はじめの一歩/第2章 分類学のはじまり ~人は分けたがる生き物である/第3章 分類学のキホンをおさえる 〜二名法、記載、命名規約とは?/第4章 何を基準に種を「分ける」のか?〜分類学の大問題/第5章 最新分類学はこんなにすごい ~分子系統解析の登場と分類学者の使命/第6章 生物を分けると見えてくること ~分類学で世界が変わる/エピローグ 分類学の未来

定価1100円(税込)

ISBN9784065288184

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

記事一覧