刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

日本の気候変動5000万年史

地球科学

日本の気候変動5000万年史

四季のある気候はいかにして誕生したのか

佐野 貴司 プロフィール
矢部 淳
齋藤 めぐみ

日本の気候は、5000万年前の超温暖期から3000万年前の寒冷化、2300万年前のモンスーン開始による梅雨の誕生、エルニーニョ多発の時代、260万年前の氷期など、さまざまな変化を経験してきた。そうしたなかで、日本は列島を形成し、日本特有の温暖湿潤で美しい四季をもつ気候となってきた。5000万年前には大陸の一部だった日本が、大陸から分かれ始めたのは約4000万年前、日本列島が現在の位置になったのは約1500万年前だが、その長い時代の変遷の中で、日本の気候はどのように変化してきたのだろうか? 気候は、日本だけでは語ることはできない。日本の気候の成立には、ヒマラヤ山脈の誕生によるモンスーンの開始や黒潮と対馬海流の成立も大きく関わっている。本書では、地球全体の気候変動、日本列島の地質学的な変化と気候の変化を関連づけて明らかにしていく。
主な内容:第1章 超温暖期とその後の寒冷化 日本列島以前の気候/第2章 モンスーン時代の到来 梅雨の始まり/第3章 日本列島誕生と気候への影響/第4章 地球温暖化アナロジーの時代/第5章 第四紀氷河時代の日本/第6章 日本特有の気候の成立

定価1100円(税込)

ISBN9784065293874

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

記事一覧