刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

人体最強の臓器 皮膚のふしぎ

医学・薬学・心理学

人体最強の臓器 皮膚のふしぎ

最新科学でわかった万能性

椛島 健治 プロフィール

皮膚はさまざまな能力を併せ持った「スーパー臓器」です。有害な化学物質や病原体の侵入を防ぐ物理的バリアであるともに、人体最大の免疫器官であり、無数のセンサーが埋め込まれた感覚器官です。皮膚組織の分子レベルが解明が進んだことで、これまでからだを覆う「薄皮」のように思われてきた皮膚には、生命活動にかかわるさまざまな精緻なしくみが備わっていることがわかってきました。21世紀に入ってからの皮膚医学の進展は目覚ましく、毎年のように教科書を書き換えるような発見が相次いでいます。本書は、人体最強の臓器と呼ばれる皮膚の謎に、最新の科学的知見を元に迫ります。
【本書の内容】はじめに/第1章 そもそも皮膚とはなにか?/第2章 皮膚がなければ、人は死ぬ ―生体防御器官としての皮膚/第3章 なぜ「かゆく」なるのか? 感覚器官としての皮膚 ―感覚器官としての皮膚/第4章 動物の皮膚とヒトの皮膚 109―生き物が変われば皮膚も変わる/第5章 皮膚の病気を考える―どんな病気があるのか?/第6章 アトピー性皮膚炎の科学―現代人を悩ます皮膚の難病 第7章 皮膚は衰える―皮膚の老化とアンチエイジング/第8章 未来の皮膚医療はどう変わる?/番外編 研究者になるための体験的・人生ガイド

定価1320円(税込)

ISBN9784065303870

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

記事一覧