世界ときめく、日本のラグジュアリー「ほんもの」。 JAXURY Japan’s Authentic Luxury

日本発のラグジュアリー
「ほんもの」を世界へ
Japan’s Authentic Luxury =
JAXURY (ジャクシュアリー)
「学・産・メディア」の
総合プロジェクト

  • Academia

    JAXURYは、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科オーセンティック・ラクシュアリーラボによる研究を基本視点とする。

    JAXURY's basic perspective is based on research conducted by the Authentic Luxury Lab at the Graduate School of System Design and Management, Keio University.

  • Industries

    JAXURYは、日本ならではの美意識による「もの」「こと」「サービス」のブランドや活動を、世界へアピールしていく、これからの新しい価値。JAXURYは、そのブランドの「もの」「こと」のみならず、背景まで読み込む。

    JAXURY is the value of promoting to the world brands and activities of "products" "matters," and "services" with a uniquely Japanese sense of beauty.

  • メディアMedia

    JAXURYは、講談社のメディアであるFRaUをオフィシャルマガジンとし、日本経済新聞と講談社の協業媒体「Ai」ほか様々なメディアで展開していく。

    JAXURY is a media output of Kodansha, with FRaU as its official magazine, Ai, a collaborative publication of Nihon Keizai Shimbun and Kodansha, and a variety of other media.

2019年より、JAXURY特集号を発刊。2021年、2022年の特集号では、アカデミックな研究「JAXURY10の視点」を基に、JAXURY委員会によりJAXURYブランドを毎年アワードしている。

アカデミックな研究の成果JAXURY 10の視点10 perspectives of Japan’s Authentic Luxury

10の視点内容および代表ブランド例

(Ten Perspectives and Examples of Representative Brands)

  1. クラフトマンシップCraftsmanship.

    作り手やサービスの提供者が「心から良いと思うもの」を嘘いつわりなく追及し、そうして想像されたものやサービスが彼らの信念を世界に具現化している。

    Those who provide things (creators and service providers) create products and services in pursuit of what they sincerely believe to be of value, and through them, their beliefs are embodied in the world.

    東屋 (革命的な日用品)
    azmaya
  2. 感性Sensitivity.

    関わるすべての人が、本質的な価値を感じ取る感性を持ちあわせていることで、クラフトマンシップにより具現化された信念が体感、理解され、愛されている。

    Every person involved in the product or service (those who sell it, buy it, use it, and receive it, etc.) has the sensitivity to perceive its essential value, so that the beliefs embodied through the craftsmanship are experienced, understood, and appreciated.

    ACRO (カッコいい美容)
  3. 信頼Trust.

    提供する側と受け取る側とが、互いのクラフトマンシップと感性を信頼し合っており、その双方向の信頼が存在することで、ものやサービスに宿る信念が人から人へ継承されていく。

    There exists a mutual trust between the provider and the recipient,which allows the beliefs embodied in the products and services to be passed on and inherited.

    一澤信三郎帆布 (修繕し続けられる鞄)
    Ichizawa Shinzaburo Hanpu Kyoto
  4. 本来感Authenticity.

    そのものやサービスを享受することは受け取る側にとって自分らしいと感じられることで、享受するほどに本来の自分へともっと近づいてく、あるいは還っていくことができる。

    To appreciate the value of a thing or service is to feel a sense of self for the recipient, which brings them closer to, or returning to their true selves.

    ヤンマーX47 (海に囲まれた国のクルーザー)
    YANMAR X47
  5. 唯一無二One and only.

    その価値は、ほかの何かと比べることのできない唯一無二の何かである。

    Its essential value cannot be compared to anything else, and it is perceived as one and only.

    京都宇治茶房 山本甚次郎 (古来製法の抹茶園)
    Jinjiro
  6. Aesthetic.

    ものやサービスが創造され享受されるまで通底して美が成り立ち、そのすべての瞬間が人々の情動に訴えかける美的体験である。

    Beauty exists throughout its creation and appreciation, and every moment is an aesthetic experience affecting people's emotions.

    マメ・クロゴウチ (複雑美のファッション)
    Mame Kurogouchi
  7. 日常的な上質さEnrichment of
    Everyday Life.

    特別な日や特別な出来事に限らず、日々の暮らしにも上質さと豊かさをもたらす。

    Bringing quality and richness into everyday life, not just on special occasions or special events.

    朝日焼 (綺麗さびの茶陶)
    Asahiyaki
  8. 神話・歴史Myths and legends.

    その価値に触れることは神話や夢を想起させ、長い時間と歴史の中に自身を位置づけることができる。

    Touching these values can evoke myths and dreams, and places you in the context of a lasting history.

    仁和寺 (宿泊から食堂まで)
    Ninnaji
  9. 幸運・僥倖Fortune and luck.

    滅多に得られない喜びを感じさせ、その幸運さに感謝し、祝福したくなる。

    Gives you a sense of joy that is rarely experienced and makes you grateful and celebrate good fortune.

    ショウナイホテルスイデンテラス (田んぼに浮かぶホテル)
    Shonai Hotel Suiden Terrace
  10. 利他Altruism.

    心づかいや他者への思いやりを醸成し、そのあらわれとして良い影響が周囲へと波及していく。

    It fosters thoughtfulness and consideration for others, which in turn has a positive effect on the surroundings.

    小布施堂 (地域をブランド化した「味わい空間」)
    Obusedo
  • FRaU 2022年5月号 JAXURYアワード特集号
    講談社FRaU JAXURY特集号では、注目の俳優と能楽師のコラボレーションも
  • 俳優・石橋静河さんと能楽師・安田登さんが、日本の古典を通して、「自然」と「人間」、「からだ」と「こころ」、「意識と無意識」など、その間にある「あわいの力」について語り合う特集も。FRaUwebでは、安田さんの謡に合わせて、石橋さんが即興で舞った動画入りの記事も。
  • 慶應義塾大学三田キャンパスでのアワード&シンポジウム FRaU JAXURY号では、2021年より2年連続でJAXURYアワードを発表し、同時にシンポジウムも開催している。(2022年慶應義塾大学三田キャンパスでの表彰式)

一般社団法人JAXURY委員会JAXURY Consortium